MediE

講師紹介 – Dr.りんこ

プロフィール

Dr.りんこ – Rinko

医師講師 | 留年経験

私は学生時代、留年を経験しています。 当時はどう勉強を進めたらいいか、どのように、どこまで進めたら良いかもわからずにいました。その不安を克服できた今、当時の経験を活かし、勉強方法で悩んでいる皆さんに最適な学習方法を提案していきます。

講師として1番大切にしていることは何ですか?

MediEに来られる方はなんとかして進級、卒業、医師国家試験に合格したいと思って来られます。そしてそれは1人ではどうしてもできない、誰かの手を借りたいと思っていることでしょう。私は生徒さんの話に耳を傾け、どのように指導していくか生徒さんと話し合って決めていきます。生徒さんが納得できるような指導を心掛けています。また、個別指導外でも自分でどのように勉強していくかやそのほかの悩みも聞き、どのように過ごしていくかもサポートしていきたいと思っています。

MediEで講師(スタッフ)を始めたきっかけは?

私が留年した時に通っていた医師国家試験の予備校で個別指導をしてくれた医師講師には大変お世話になりました。私一人ではどうにもならなかった勉強もその先生のおかげでなんとか卒業、医師国家試験にも合格することができたので感謝しています。初期臨床研修をやっていて諸事情により中断した際、このことを思い出し自分も医師国家試験で悩んでいる人をサポートしていきたいと思うようになりました。留年も経験しているので、同じ目線に立ってサポートできる、自分も役に立てるのではと思ったからです。そんな時、旧Twitterで水木先生の医師講師募集のポストを見かけました。当時は自分に指導などできるのだろうかと不安には思いましたが、勇気を出して応募して今に至ります。

これまでに1番やりがいを感じたエピソードを教えてください

医師国家試験を受験予定の6年生の学生さんを指導した際のエピソードになります。最初は自分での勉強もうまくいかず計画通りにもいかなくて涙していることもありました。そんな中でも励まして、生活リズムや将来のことの相談も受けつつ指導していった結果無事に医師国家試験に合格して医師になられました。なんとか医師国家試験に合格してこういう医師になりたいと目標をもっていた人が、最終的に医師になって自分の希望している科に進んでいく様を見ることができた時、医師講師をやっていてよかったと思いました。

最後に医学生にメッセージをお願いします

これから進級、卒業、医師国家試験合格を目指す皆さんへ。目標を達成させるためには地道にコツコツ勉強していくことが大切です。コツコツやっていくことはとてもしんどいと感じることもあるかもしれません。でも誰かと一緒なら一人で頑張れないことも頑張れると思います。私は一緒に寄り添って目標を一緒に達成させていきたいと思っています。辛いことがあっても一緒に共有し、サポートします。最後まであきらめずに頑張っていきましょう。

Dr.りんこをもっと知りたい方はこちら